お薦め

婚約記念品って必ず「指輪」でなくてはならないの?

婚約を決めた時に、男性から女性へのプレゼントとして、婚約指輪を送ります。
この婚約指輪にかかる価格は「その男性の3ヶ月分の給料」とされていることもあって、
その予算は結婚指輪と比べるとはるかに高くなっていることが多いです。

しかし、そんな高価な婚約指輪ですが、
実際には結婚をした後は結婚指輪をするのが普通となってしまっているために、
しまわれっぱなしになってしまうことも多いというのが一昔前の現状でした。

そんな婚約指輪事情ですが、近年では、
必ずしも指輪をプレゼントするわけではなくなってきていたりと、
色々と変化が見られています。

せっかくプレゼントしたのにしまわれっぱなしになるのでは勿体無いという考えから、
あえて指輪でないものを送って結婚したあとも身に付けることができるようにとなってきているのです。
そのため、婚約の証として贈るプレゼントは必ずしも指輪でなければならないのか?というと、決してそんなことはありません。

例えば指輪の他にも、ネックレスやブレスレット、イヤリングや腕時計などを、
婚約記念品としてプレゼントしている男性の方も、近年では少なくありません。
こうしたものであれば、結婚したあとでも身につけていくことができるため、
しまいっぱなしになってしまうということもなくて良いでしょう。

また、指輪以外のものを贈るという以外にも、いろいろな方法が存在しています。
たとえば、婚約指輪は結婚したあとにあまり身につける機会がないということから、
婚約指輪にかける価格を結婚指輪の方に重点的にかけるという場合もあるそうです。

他にも、結婚指輪と一緒につけても問題のないように、
両方のデザインを重視しながら選ぶという方法を取る男性もいらっしゃいます。
また、婚約指輪と結婚指輪を一括で考えて、
永遠の愛の証としてプレゼントするというロマンチックな方法もあります。

このように近年では、婚約指輪は必ずしも指輪でなければならないというわけではありません。
相手が好きな時に身に付けることができるように、考えて選んでみるのも面白いかもしれないですね。