お薦め

最近の婚約指輪購入の傾向

婚約を決めた際に、
男性が自分の愛の証として女性に贈るものとなっている婚約指輪。

またの名を「エンゲージリング」と言いますが、
おそらくこちらの方がパッと頭でイメージしやすいのではないでしょうか。
ちなみに、婚約指輪は結婚指輪とは全く別のものとなっています。

前者は婚約の証とされているもの、
そして後者は結婚をしたあとずっと身につけていくことになるものです。
そのため、基本的に婚約指輪は男性が女性へプレゼントするものであり、
3ヶ月分の給料で購入するものという話が有名となっているほどです。

一方、結婚指輪の方は結婚後に身につけていくものとして男女一緒に選んだりすることも多く、
必ずしも費用は全部男性がもつのではなく、半分ずつということも多いと言われています。
つまり、結婚をした後は結婚指輪を身につけていくことが一般的なため、
基本的に婚約指輪は身につけることなくしまっておかれることも多くなっていました。

しかし、婚約指輪が3ヶ月分の給料で購入されるものということから分かるように、
その相場は結婚指輪と比べて非常に高いのです。
それをメインでは身につけずしまっておくままにしてしまう・・・というのは、
なかなか勿体無いこととは思いませんか?
そのため、最近では、婚約指輪よりも結婚指輪の方の予算を高めたりと、
婚約指輪購入の傾向は昔と変わってきていると言われています。

また、婚約指輪と言っても、プレゼントされるのは必ずしも指輪というわけではなくなってきているとも言われています。
たとえば、結婚した後にも身に付けることができるようにと、
ネックレスやブレスレット、イヤリング、腕時計など指輪以外のアクセサリーを贈る男性も増えてきているのです。

また、指輪でも結婚指輪と一緒に身に付けることができるようにとデザインを考えてプレゼントする場合や、
婚約指輪と結婚指輪を一緒にして贈る場合もあることから、
最近の婚約指輪購入の傾向は一昔前と比べてかなり変化してきていると言えるでしょう。

キレイになりたい人におすすめです